初めてのボトックス注射あんしんガイド【東京編】

ボトックス注射の基礎知識から評判クリニック探しまでナビします

ダウンタイム

ボトックス注射をうつ部位ごとのダウンタイム

腫れや内出血が出ると不安になる方も多いでしょう。ボトックス注射はほとんどダウンタイムが無い施術ですが、注射する部位や製剤の注入量によっては副作用が出てしまうことも。ここでは、部位ごとにどんなダウンタイムが起こるのかまとめてみました。

顔の表情しわ

表情しわにボトックス注射をうった場合のダウンタイムとは

眉間のしわや笑いじわなどの表情じわにボトックス注射を行う場合、表情が変化しにくくなったり一時的に頭痛がしたりといった副作用が起こることがあります。

ボトックスは表情筋の動きを制限してしわができないようにする施術なので、注入量の多さや注入箇所によっては表情が不自然に。ただし、一時的な副作用なので、個人差はあってもほとんどの方が1~2週間で自然な表情に戻るといわれています。頭痛も時間が経てばひいてくるため、不安になる必要はありません。

まれに、まぶたやまゆげが垂れ下がる「眼瞼下垂」の症状が起こりますが、表情と同じように長くても1~2週間で改善されます。

ふくらはぎ

ふくらはぎにボトックス注射をうった場合のダウンタイムとはふくらはぎへのボトックス注射は範囲が広いため、腫れや内出血などが目立つ場合も。腫れは注射直後から1~2時間ほどでひくので、施術直後は安静にしておきましょう。

内出血は注射の際に起こりやすい症状ですが、起こる範囲はかなり小さく、1週間程度で目立たなくなります。

施術後しばらくはかかとの上げ下げがしにくくなりますが、慣れると問題なく歩けるようになります。筋肉が上手く動かないとバランスを崩すこともあるため、ヒールが高い靴を履く場合は気を付けた方がいいでしょう。

肩こり

肩こり改善でボトックス注射をうった場合のダウンタイムとは肩にボトックス注射を行う際に起こりやすいのが内出血です。肩には血管が多いこともあり、腕の良い医師が極細の針を使って施術しても1/10の確率で内出血を起こします。

軽い内出血ならひくまでに1週間、濃く出てしまった内出血だと2週間かかることも。熱いお風呂での入浴やサウナ、飲酒、運動などを行うと、内出血が酷くなってしまうことがあるので気を付けましょう。

なるべく早く治すためにも、血行を促進させる行動は控えてください。

ワキガ・多汗症

ワキガや多汗症でボトックス注射をうった場合のダウンタイムとはボトックス注射を用いたワキガ・多汗症の治療は、副作用が無くダウンタイムがほとんどありません。注射を打つ回数が多いので施術中は痛みがあったり内出血を起こしたりしますが、時間とともに治るため心配いりません。シャワーや入浴などの制限もなく、快適に生活できるでしょう。

ただし、脇汗を止めることによって他の部位から出る汗の量が増える方もいます。一時的なものなので気にする必要はありませんが、どうしても気になるのであれば信頼できるクリニックで相談しましょう。

小顔・エラ

小顔やエラ整形を目的にしたボトックス注射をうった場合のダウンタイムとは小顔・エラボトックスでは、食べ物を噛むときに使われる咬筋という筋肉に注射を行います。そのため、施術後は硬いものを食べると疲れることも。他の筋肉が発達してくるため、1~2週間で症状は改善されます。

ボトックスの量が少なかったり注射する位置がずれてしまったりするとエラに膨らみができたり顔面神経麻痺が起こったりするリスクも。慣れている医師ならほとんど起こることはありませんが、万が一症状が出ると治るまでに数週間~数ヵ月かかります。施術する場合はきちんとクリニック選びを行いましょう。

ダウンタイムは整形手術にはつきもの

「手術後の内出血」などと聞くと少し不安になりますが、ダウンタイムというものは、美容外科での施術にはつきものです。

手術の効果が実際に浸透するための準備時間ととらえればいいでしょう。ダウンタイムの症状は、その施術内容や個人差によります。しかし、長くて2、3日と考えてOK。手術の前に医師が説明してくれるはずなので、疑問があればそこで解決しておきましょう。

一般的なダウンタイムの症状ってどんなもの?

ボトックス注射のダウンタイムとは

ダウンタイムは自覚がなくても、身体に外部から働きかけがあれば必ず発生するものということもできます。なので、対処といってもとくに気にする必要はないのですが、手術後の痛みや出血、熱などには気を払うようにしましょう。

切ったり削ったりといった手術であれば、ダウンタイムを自主的に患部を休ませる期間ととらえることが大事。固定したり、仕事を休んだりという処置が必要になる場合もあります。

ボトックスのダウンタイムの症状ってどんなもの? 

では、ボトックス注射の場合のダウンタイムはどういう症状があるのでしょうか。ボトックス注射を打つ位置によっても症状や重さは異なりますが、ほとんどが気にすることはないものです。

10分程度の施術で、注射を打つのみの施術ですから、ダウンタイムの症状も軽いのです。まれにあるのが腫れ、内出血といった症状。こちらも翌日、遅くとも数日から1週間程度で自然に回復します。

ボトックス注射の針跡って残るの?

ボトックス注射の針跡って残るの?

ダウンタイムとも関係のあるのが注射の針跡。ボトックス注射の針跡は残るのでしょうか?こちらも、超極細針の使用や技術力のおかげで、ほぼ跡が残らないようになってきています。

ほうれい線など、顔のよく見える箇所へのボトックス注射を考えているなら、そのクリニックで使用する針の太さや技術力についてもしっかり質問をして確認をしておくようにしたいですね。

ボトックス注射後、目が小さく見える?

個人差にもよりますが、ボトックス注射後、なんとなく目が小さく見える気がする人もいるかもしれません。とくにほうれい線や目尻のシワにボトックス注射を打った場合、目が小さく見える、二重の幅が狭く見える、ということが起こるといいます。

注射の影響で起こることで、ごく一時的なもの。長くて数日で、もとに戻ると思ってください。また、エラを小さくするためのボトックス注射後は、歯で噛むと疲れやすくなる場合も。こちらも数日で良くなります。

食事や入浴は当日からOK

ボトックス注射をうったあとの食事や入浴について

ボトックス注射の後に食事をしていいのかと心配する方もいますが、施術当日から行って問題ありません。エラに注射した場合は多少噛みにくさがありますが、徐々におさまってくるようです。

術後は注射箇所を氷やアイスノンで冷やせば、腫れを抑えることが可能。注射後に出血が見られなければメイクもOKです。もちろん、洗顔もできます。ただし、注射した場所をこすりすぎると腫れや内出血の原因になるので、注射した部分をあまり刺激しないように注意してください。

入浴も行って大丈夫ですが、身体が温まって血流が良くなるため腫れが出る可能性も。腫れや内出血を悪化させないためにも、当日は軽めのシャワーを浴びるくらいが◎。

どうしても湯船につかりたい場合はぬるま湯に短時間だけ入りましょう。同じように血流を良くするサウナや岩盤浴も避けるのが無難です。翌日からは湯船での入浴やサウナ、岩盤浴もできるようになるので、当日は安静にしておきましょう。

内出血について

ボトックス注射を行う際に最も生じやすいのが内出血です。施術中に注射針が細い血管に当たることで血管が傷つき、内出血が起こります。内出血が起こらない方のほうが多いのですが、注射位置や回数によっては避けられないことも。

通常は1週間ほどで消えますが、まれに2週間近く残る内出血もあります。血流が良くなると治るのに時間がかかるため、施術当日は高い温度での入浴やサウナ、激しい運動などは控えるようにしましょう。

ボトックスの効果について

ボトックス注射には筋肉をリラックスした状態にする効果があります。また、筋肉を小さくしたり神経伝達物質をブロックしたりする働きを持ち、手軽に小顔や脚やせ、多汗症の治療などができるのが特長。注射する部位やボトックス製剤の注入量によって効果は違いますが、ダウンタイムがほとんどなく手術よりも負担が少ないのが魅力です。

ボトックス注射の効果が続くのは3ヵ月~半年程度。エラや脇、顎関節症への注射は最長で半年間、表情じわやふくらはぎへの注射は長くて1年間持続するといわれています。

ただし個人差があるため、効果を持続させたいなら3~4ヵ月ごとにボトックス注射を打ち直しましょう。2回目以降はボトックスの効果が長持ちしやすくなり、持続期間が長くなることもあります。ボトックス注射の効果をずっと保ちたいなら、定期的に施術を受けるのがおすすめです。

これもダウンタイムの症状?

ボトックス注射のダウンタイムは気にすることはない…とはいえ、とくにはじめての場合、不安は少しでも解消したいもの。気になるのがボトックス注射に使用するボツリヌストキシン製剤について。

ボツリヌス中毒症にかかるのでは、という心配を抱く人もいるといいます。ただ、ボトックス注射に使用するのは、体に影響のない程度のごく微量の成分のみ。心配する必要はありません。

そのほか、顔全体がリフトアップされることによる表情の変化、目の印象の変化など、ダウンタイムというよりはボトックス注射後の効果といえるものがあらわれてきます。

ダウンタイムや副作用のいちばんの対処法は?

ボトックス注射での改善効果を最大限に定着させるためにも、ダウンタイムの症状や副作用に対して、自分でできることはやっておきましょう。

カウンセリングでよく注意点を聞き、気になる点は徹底的に質問して疑問点を残さないこと。きちんとしたクリニックの医師は、きちんと質問に答えてくれます。質問をして面倒がられるようなクリニックでしたら、そこで施術するのはやめにしても良いくらいです。

そして施術後にクーリングをしっかりと行うこと。むくみや内出血に注意しつつ、気にしすぎないようにすることも大切ですね。そして、そのためにはやはり、しっかりしたクリニックを選ぶことが大切です。

クリニック選びが大切!

効果も気になりますが、痛みやダウンタイム、副作用といった面も気になりますよね。不安があると心理的な作用によってなかなかいい効果に結びつかないもの。

何より、自分が納得してキレイになることがいちばんです。カウンセリングや事前情報で、しっかり自分の目的に合ったクリニックを選びましょう。

料金とドクターの実績で比較!
ボトックス注射で評判のクリニック

 
初めてのボトックス注射あんしんガイド【東京編】