初めてのボトックス注射あんしんガイド【東京編】

ボトックス注射の基礎知識から評判クリニック探しまでナビします

ボツリヌス療法

ボツリヌス療法の歴史

通称、ボトックス治療と呼ばれ現在ではすっかり美容方法のひとつとして親しまれているボツリヌス治療。その歴史は浅いかと思いきや実は、1970年代にはアメリカで用いられてたようです。日本でも20年前からすでに治療用として用いられていたといいます。美容目的で使われているイメージのボツリヌス療法ですが、もともとは、筋肉けいれんや神経内科系の治療として医療目的で使われていました。現在でももちろん、医療目的で使われています。ボツリヌス療法で使用するボツリヌストキシンには、筋肉の緊張を和らげる効果が期待できます。そのため、例えば、脳卒中や脊髄損傷などが原因の手足のつっぱりや、運動障害、眼瞼けいれんなどの治療に使われています。

ボツリヌス菌って?

ボツリヌス治療で使用するボツリヌス菌ですが、菌と聞くだけで、なんだか怖い印象を持つ方も少なくないのではないでしょうか。また、ボツリヌス菌は危険などと聞いたことがある方もいるかもしれません。しかし、ボツリヌス菌をそのまま注射して体内に入れるわけではありません。ここで使うのはボツリヌス菌がつくりだすボツリヌストキシンというタンパク質成分です。ボツリヌス菌はその性質によってA型〜G型に分類されますが、ボトックス注射に使用されるのは、A型のボツリヌス菌からつくられた毒素成分です。これが「ボツリヌストキシン」。この毒素成分をさらに精製や希釈をして治療に使用できる状態にします。そのため、ボツリヌス療法は人体に害を与えるものではありません。安心して治療を受けることができます。

ボツリヌス療法を美容目的としても

筋肉の緊張を和らげる効果が期待できる、つまり筋肉の収縮力を抑えることが期待できるボツリヌス療法は、美容目的で使うことにも注目されています。なかでも表情しわの改善はよく耳にするのではないでしょうか?顔は筋肉と皮膚が繋がっているため、筋肉が動くと皮膚に伝わり、表情じわがつくられます。そのため、その原因となる筋肉の収縮力をボツリヌス療法によって抑えることでしわがつくられないようになります。しわをなくしたり薄くしたりという施術にボツリヌス療法が用いられるのはこのためです。

ボツリヌス療法で改善できること

ボツリヌス療法を美容目的で取り入れると、しわの改善以外にも期待できることがたくさんあります。例えば、小顔効果やエラ張り改善です。顔が大きく角張って見える原因のエラにボツリヌス療法を施すことで、エラの筋肉の働きが抑えられて、次第に小顔に見える効果が期待できます。また、筋肉質のふくらはぎをすらっと細く見せたいという場合にも、ボツリヌス療法でふくらはぎの筋肉の働きを抑えることで細くする効果が期待できます。ほかにも、笑ったときに歯茎が見えるガミースマイルといわれるものや、毛穴の縮小などにも効果が期待できるようです。医療目的で導入されたボツリヌス治療ですが、こうして挙げてみると美容面でも効果が期待できることが多いことに気がつきます。

ボツリヌス療法は知識と経験のある医師の元で

さまざまな効果が期待できるため、興味を持つ方も多いボツリヌス療法ですが、いざ、施術を受けることを考えるなら病院選びや医師選びは慎重に行いたいものです。ただ単に注射をするだけではなく、その効かせたい部位により、浅さや深さ、量などを調整するため、しっかりと経験を積んだ医師の元で受けることをおすすめします。筋肉の収縮力を抑える働きがあるため、失敗すると上手く力が入らず表情が作れないなど望まない結果になることもあるのです。病院のホームページやそこに記載されている医師のコメントや口コミなどをしっかりと吟味したり、電話で問い合わせて気になっていることを聞いてみたりするなど、納得できるまで妥協しないことが大切です。

 ボツリヌス療法で悩みを解消しよう

ボツリヌス療法は医療用や美容目的で、世界のたくさんの国で使用されています。安全性が高く、医師の立場からも支持されているようです。美容目的での施術の場合は、入院や検査などもなく施術時間も10分程度と大変短く、ダウンタイムも少ないため、すぐに帰宅することができます。気軽に受けられて、安全なボツリヌス療法を、賢く取り入れることで、あなたが今まで悩んでいたことを、あっという間に解消してくれるかもしれません!

<東京でボトックスを受けるならこのクリニックBEST5> 

 
初めてのボトックス注射あんしんガイド【東京編】