初めてのボトックス注射あんしんガイド【東京編】

ボトックス注射の基礎知識から評判クリニック探しまでナビします

初めてのボトックス注射あんしんガイド【東京編】 » 効果を持続させるコツ » 強いマッサージを避ける理由

強いマッサージを避ける理由

ボトックス注射が人体に及ぼす効果や仕組みを解説し、強いマッサージを受けてはならない理由を説明しています。

ボトックス注射のあとに強いマッサージがダメな理由

そもそもボトックス注射は、筋肉を動かす神経伝達組織に作用することで、筋肉の動きを抑えしわを目立たなくする治療方法です。

注射部周囲への拡散を防ぐため、注入後4時間ほどは横になることでさえ「やめてください」という注意を受けるほど、デリケートな施術でもあります。

そのため、筋肉に直接刺激を与えるマッサージ、特に強めのマッサージは、施術後、一定の期間が経過するまで避ける必要があります

強いマッサージを行うと、せっかく注入したボトックスが周囲に拡散してしまうため、仕上がりにムラが出るなど、施術の満足度を下げてしまう可能性があるからです。

また、施術直後のマッサージによる悪化事例もあります。たとえば、おでこへのボトックス注射で、眼瞼下垂症(がんけんかすいしょう)を併発した事例です。

眼瞼下垂とは、まぶたが垂れさがってしまって戻らない状態を指しますが、おでこに強い刺激を与えたことで、上まぶたを上げる筋肉の眼瞼挙筋の筋力にまで、ボトックスが影響してしまったのです。

マッサージしていいのは施術後どのくらい?

ボトックス注射の施術後2日ほどは、腫れと痛みを伴うことがありますので、とてもマッサージができる状態ではありませんが、もう1日、つまり施術3日後くらいまではマッサージは控えましょう。

これはあくまで目安ですので、もちろん痛みや腫れがあるうちはNGですが、クリニックで指示された期間は、強い刺激を与えないようにすることが大切です。

一般的には、最低でも1週間程度は控えたほうがよいといわれています。

なお、洗顔時にも注意する必要があります。特に女性の場合には、メイク落としもあるため、強い力を加えないように細心の注意をしてください。

また、注射した部位を枕に押し当てて寝たりするなど、圧迫する行為も避けるようにしましょう。

いずれにしても、ボトックス注射の効果をきちんと得るために、医師の指示には必ず従ってください

 
初めてのボトックス注射あんしんガイド【東京編】