初めてのボトックス注射あんしんガイド【東京編】

ボトックス注射の基礎知識から評判クリニック探しまでナビします

初めてのボトックス注射あんしんガイド【東京編】 » 効果を持続させるコツ » 効果を持続させるコツ

効果を持続させるコツ

長期間にわたり、ボトックス注射の効果を感じるために必要なことをまとめています。

ボトックス注射の効果を持続させるためのポイント

ボトックス注射は、一般的に3ヶ月から半年ほどで効果が完全に消えてしまうと言われており、永続的ではありません。そのため効果を持続させるためには、一定期間ごとに施術を受けなおす必要があります。

ただし、持続期間が短いからといって、必要以上に施術を重ねてしまうと、体内で中和抗体ができてしまい、逆にまったく効果を得られない状況へ陥る危険性があるので要注意です。

ボトックス注射の効果を少しでも長持ちさせるには、施術した箇所周辺の筋肉をよく使うような行為は避けたほうがよいといわれます。

なぜなら、筋肉を活発に動かすと筋繊維は育ちますが、それがボトックス効果の持続を妨げる要因となってしまうからです。

例えば、顔に注射した場合、普段の食事はともかく、ガムや硬いものを食べたりするのは避けたほうがよいでしょう。また、ふくらはぎに注射したなら、激しい運動は避けたほうが賢明です。

くわえて、注射した箇所をむやみにマッサージしたりするのも厳禁です。

では、どのタイミングで次の注射を受けるのが効果的なのでしょうか。

実は、効果が多少残っている段階でボトックス注射を受けなおしたほうが、持続期間が伸びる可能性が高いため、完全に効果がなくなるまえに再施術を受けましょう

このように継続を希望する場合には、適切なタイミングで受けられるように、医師と相談することが大切です。

なお、注射を継続して受けることで、効果の持続期間はだんだん長くなります

施術医の選び方が重要

ボトックス注射には、忘れてはならない注意点があります。それは、一時的に筋肉の動きが鈍くなることです。

筋肉を弛緩させるボトックス注射には、受けた箇所の周辺の筋力がしばらく低下するなど、動きを制限させてしまう軽度の副作用があります。

たとえば、顔のシワ治療でボトックス注射を受けた場合、注入量や注入箇所が適切でないと、表情に違和感が出てしまう事例もあるので、知識や経験が豊富で信頼できる医師の施術を受けることが、とても重要です

 
初めてのボトックス注射あんしんガイド【東京編】