初めてのボトックス注射あんしんガイド【東京編】

ボトックス注射の基礎知識から評判クリニック探しまでナビします

口元治療の効果

笑った時に歯茎が出てしまうガミースマイルとも呼ばれる歯茎露出にコンプレックスを持っている人は、笑顔になれなかったり、口を手で隠してしまったりします。歯茎がほんの少し、他の人より出ているだけで、笑顔に自信が持てないなんて、損ですよね。

重度のガミースマイルは、上顎を削ったりする必要がありますが、ほんの少しだけの問題であれば、ボトックス注射で簡単に歯茎露出が抑えられます。施術の時間も短く、腫れたりする心配もない気軽な治療です。歯茎がほんの1ミリ出るか出ないかで、顔の印象が随分変わります。素敵な笑顔になるボトックス注射の口元治療です。

ガミースマイルの原因

ガミースマイルになってしまう原因は、次の3つです。

  • 上顎の骨格が前方に出ていたり、歯並びに問題がある。
  • 上唇の形や上唇挙筋 などの口の周りの筋肉に問題がある。上唇挙筋が過剰に上唇をめくれさせるために、歯茎が見えてしまう。
  • 歯茎に問題がある。例えば歯茎が異常に発達し、前面に出ていたり、歯が外に出られないくらい覆いかぶさっている。

1番目は、ガミースマイルを治療するために、骨を削る手術が必要な場合もあります。歯科矯正である程度の問題は解決されますが、ガミースマイルがあるほど歯に問題があれば、少なくとも2年間くらいの期間が矯正に必要です。3番目は、歯が小さく、先の方だけしか出ていない場合もあり、歯茎を切開して歯を外に出すとガミースマイルが解消されます。

2番目の原因のガミースマイルには、ボトックス注射をすることで、ガミースマイルを治療できます。筋肉にボトックス注射をすることで、歯茎露出が抑えられるため、顔の印象が変わります。

ボトックス注射で口の周りの筋肉を弛緩させる

顔にはたくさんの筋肉が複雑に構成し、表情を作っています。まず、口の周りに口輪筋があり、口の上側に、上唇挙筋、下側に下唇挙筋、そして笑った時に唇の端っこを上に動かす口角挙筋、顔をしかめた時に口の端っこを下げる口角下制筋、そして笑う時に使われる笑筋などがあります。笑った時に、上唇を上げるのは、上唇挙筋で、この筋肉が強く反応すると上唇がめくれすぎて、ガミースマイルになります。

日本口腔外科学会雑誌「いわゆる“Gummy smile”修正手術の1治験例」にもあるように、上唇挙筋を糸で縫い合わせ、あまり動かないようにする方法でガミースマイルを治癒する場合があります。その代わりに、上唇挙筋と笑筋にボトックス注射をすると、筋肉が弛緩され、必要以上に上唇を上げなくなります。

参考:(PDF)日本口腔外科学会雑誌35 巻 (1989) 10 号 p. 2504-2509「いわゆる“Gummy smile”修正手術の1治験例」

ボトックス注射を使ったその他の口元治療

ボトックス注射でできる口元治療は、ガミースマイルだけではありません。口角が下がっていて、損をしている人の口角アップも可能です。口角が上に向いていると、ポジティブなイメージになり、また明るい感じがしますね。反対に口角が下がっているととても不機嫌な感じがして、話しかけにくい印象になります。口元で損をしているなと感じる人は、試して見ませんか。

ボトックス注射の注意点

口をすぼめたりするのに使う口の周りの口輪筋にはボトックス注射を打たないように注意します。口輪筋があまりにゆるむと話したり、食べたりする時に動かなくなります。顔の中の筋肉は細くて他の筋肉との境を決定することが難しいのです。また、ボトックス注射は注射をした箇所の周り、半径約1㎝強の範囲に影響が出るので、慎重にしなくてはいけません。また、表情に影響するので左右同じになるように、施術をしなくてはいけません。ですから、施術はベテランのドクターに任せましょう。だいたい、左右それぞれ2ヶ所くらいに注射をします。

ほっぺたに注射って痛そう!

顔、特に頰の柔らかな皮膚に注射をするなんて考えるだけでも痛そうです。痛いのが苦手な人は躊躇してしまうかもしれません。しかし、口元治療をする場合のボトックス注射の針は、極細のものを使用していますから、痛みはありません。それでも、痛みが怖い場合には、注射をする前に塗るタイプの麻酔薬を塗りますから大丈夫です。痛みが極度に苦手な人は、クリニックに相談してください。

施術の後のケア

施術の後は、注射針を刺した箇所を冷やして少し様子を見たら、そのままメイクをして帰宅できます。その日のうちに入浴もできますが、熱いお風呂ではなく、ぬるま湯のシャワーを軽く浴びるくらいにしましょう。

ボトックス注射の効果

ボトックス注射をしてもすぐに効果が出てくるわけではありません。効果が出てくるのは、だいたい施術後3日くらいたってから。少しずつ効果が出てくるので、表情がいきなり変わるわけではありません。そのため、施術したことが、周りに知られることはまずありませんから安心してください。なんとなく笑顔が素敵になったなと感じられる程度です。

ボトックス注射の効果の持続

ボトックス注射の効果は、ほぼ6ヶ月くらいです。そのため、定期的にクリニックに通わなくてはいけません。「耳介軟骨移植」など、永久的な口元治療もあるので、クリニックで相談して見ましょう。

セルフトレーニングで素敵な笑顔を作ろう!

ボトックス注射だけに頼らず、セルフトレーニングも併用すると笑顔がさらに素敵になります。また、ボトックス注射の効果がさらに上乗せされます。鏡を見ながら、笑顔の練習をします。唇を上げないようにして笑顔を作る練習をするのですが、その時、口角に指を当てて笑顔を作ると、筋肉の動かし方を意識できて効果的です。毎日、少しずつしていくと、歯茎露出を抑えて笑えるようになっていきます。

笑顔の練習をしていると、ボトックス注射の効果が薄くなりつつある時期に、効果的です。忙しくて、すぐに施術に行けなくても日頃笑顔を作る練習をしていれば、急に歯茎が露出してしまうということにはなりません。そうやって毎日練習すると、歯茎露出や口角が下がっていることに対処するだけではなく、魅力的な笑顔を作るために役だっていきます。

 
初めてのボトックス注射あんしんガイド【東京編】